C.T.Laboのヘッダー画像

世界最後の日は恐ろしい

テーマ:[生活]
更新日: 2018年 8月 16日(木)
この記事は5分で読み終わります

はじめに

世界の終わりのイラスト
© C.T.Labo

世界最後の日に何が食べたいだとか、世界最後の日に何がしたいだとかを考えて、食べたいものが焼肉だとか行きたいところが遊園地に行くだとか言う方がいますが、その前提はあってますか?

目次

  1. 1. 世界最後の日の一般的概念
  2. 2. 本当の世界最後の日
  3. 3. 日本という国のヘイトが爆発する日
  4. 4. まとめ

世界最後の日の一般的概念

世界最後の日に何をする?」という質問をフランクに会話のつなぎや会話を作るために交わされることも多い議題です。その質問の真意としては、自分が一番やりたいことは何かということの言い換えとして聞かれることが多いです。

当記事では圧倒的な空気を読めないこと、社会性のない回答をするつもりですが、基本的な答えとしてはやはり一番やりたいことを聞かれることが多いと思います。

例えば、「世界最後の日に何が食べたい?」かという質問に対しては焼肉という風に答えたり、どこへ行きたいかという意見に関しては遊園地だったり海外だったりを答えることが多いです。

この質問の中に「絶望」という含みはありません。現状に不満を抱えている日本人だからこそ、いまよりも悪い「絶望」というのが想像できない日本人らしい質問であり、日本人らしい回答になる場合が多いです。そのため、どうせなら最後の日くらいは楽しいことをあげる人が非常に多いです。

いつもと変わらないという方も中には見かけられます。

本当の世界最後の日

しかし本当の世界最後の日というのは、誰も仕事をしていないので、もちろん焼肉を食べに行くための焼肉店が営業していませんし、まして交通機関だって動いていません。

さらには、警察なども機能していないと言えるので、治安も大幅に悪化します。もし、その最後の日にも自分がまともな精神状態を保っているなら、現状の法律で犯罪だと言われるような殺人や強姦に巻き込まれないようにしなければならないため、実際は武器を持って山へ逃げるといった原始的な生活をしなければいけません。

ミサイルが飛んだときは、アダルトサイトのアクセスが増えたので、強姦の確率はかなり上がって行くと思います。

しかし、今までの過程はもし世界最後の日を伝えられた場合に限ります。おそらく世界最後の日を知った国は、ほかの国に伝えることはしないでしょう。なぜならその日を知ってしまったら、世界が大混乱に陥りほかの国が今まで虐げれていた国が何もかも失ったと思い攻めてくくる可能性があるからです。

それがたとえ日本だとしても、残念ながらその情報は国の上位期間で止まり国民には伝わらないことでしょう。自分の国をわざわざ混乱にして、犯罪が横行してしまったら自分たちの身も危険だからです。

もし本当に世界最後の日を迎えた場合、一部の政治家たちのみがその世界最後の日というのを経験して、国民のほとんどは世界最後の日ということを頭の片隅にもおかずに世界最後の日を迎えることでしょう。

日本という国のヘイトが爆発する日

日本はストレスを溜めることに長けています。そのため、その分のストレスが地球最後の日に爆発する可能性があります。

地球最後の日というのは起こりそうにもないようなこと、あるいは事前に伝えられることは確実にないようなことですが、例えばなにか社会的に革命のようなことが起こったときに一気に治安が悪化してしまう可能性があります。

例えば、今日本だけではなく、世界を騒がしているAIの時代になり、現状を大きく左右するような現象が近づいています。もちろん、それだけでなくインターネットの台頭やITの発達というのは地球最後の日と同じくらいの革新的な出来事の一つであるのは間違いありません。ことAIということになると将来的には多くの職業がなくなり、多くの職業が生まれます。

現状の多くの会社員が失業に追い込まれたとき、職業の概念に天変地異が起きた時、それが世界最後の日となんら変わりの無い状態になるのでは無いでしょうか?

まとめ