C.T.Laboのヘッダー画像

なんjが日本の中心な理由

テーマ:[政治]
更新日: 2018年 8月 28日(火)
この記事は5分で読み終わります

はじめに

なんjのイラスト
© C.T.Labo

タバコの問題や開催前の甲子園の問題など、なんjで議論された結果の賛否が日本の方向性を決めることが多くなった昨今、なんjが国の中心組織としてあるいは重要な決定機関として機能している実情について書きました。

目次

  1. 1. 実は優秀な人が多い
  2. 2. 甲子園とタバコ
  3. 3. 国の重要事項を決める場所
  4. 4. まとめ

実は優秀な人が多い

なんjはニートが多いと言われていますが、これだけ大きくなって日本中の人が知っている掲示板の表舞台にニートはなかなか出てこれません。

今ではまとめサイトが乱立しており、多くのまとめサイトが2ch特になんjの会話に注目しており、日本中の人がその掲示板の会話を見るようになりました。おそらく当初はまだ、インターネット自体が普及しきっておらず、それこそマイナーな手段として2chを使っていたと思いますが、今では優秀な人が使うことが多いように思えます。

特にいまはなんj内で仕事をしていない人を責めるような傾向があり、そういう場所ではニートはなかなか出てこれません。むしろマウントを取りたい優秀な人がクズを求めて居座っている印象です。

甲子園とタバコ

なんj民はもともと野球を多く取り扱っている掲示板の一つでありました。そのため、その場所ではプロ野球はもちろん高校野球もやはり好きな人は今だにいると言えるでしょう。

そこで最近世間を賑わしている甲子園の問題です。甲子園の問題は思ったよりも批判の声が大きくなりませんでした。その一つの原因として、なんjで批判的な意見が少なすぎるということ、あるいはなんjで批判的な意見を取り上げてもその意見自体が批判されるという状況になっています。

逆にタバコは、批判的意見が声を大にされだして、見事その意見を反映するようにタバコは法律で規制が強くなろうとしています。もともとタバコを吸っていたなんj民も多かったとは思いますが、タバコを批判する人は一度もタバコを吸っていない人よりもタバコをやめた人の方が強く批判します。

なんj民だけでなく、野球自体を見なくなる人が増えてきています。甲子園大会ができなくなる日というのはなんjで批判され始めた時だと思います。

国の重要事項を決める場所

なんjは国の重要事項を決める指数として一つ持っておくべきだと思います。実際なんjで風刺的に批判されている内容や皮肉的なタイトルで笑いのセンスの高いタイトルを持ったスレッドは単純に政治家が機械的に警報するよりも国民の心に強く刻まれます。

タバコと甲子園を比較して見て、やはり禁止になるのはなんjで批判されているかどうか。匿名性の意見など聞く必要のないというのが社会の通例と化していますが、それでも流行な考え方や流行の論調を確認する一つの方法としてなんj民がどういう思想傾向を持っているのかを考える必要があります。

そこでは自分の価値観に拘らず、日本人ならこうあるべきだという固定観念を取り払って常に考えるべきだと言えます。

まとめ